面白いエントリーが誰かに届く仕組み

面白いエントリーが誰かに届く仕組み、重要な課題。

What we’re trying to do with Medium — About Medium — Medium

Mediumというサービスにも、まったく同じ問題意識が書いてある。(翻訳は適当)

While it continues to be more and more efficient to put media-type stuff out there, we think there are big improvements to be made in a particular type of media “stuff”: That which is not necessarily personal and not necessarily news. That which we might just call ideas.

メディア的なアウトプットがどんどん効率化されていく一方で、ある特定のタイプのメディアについて、大きな改善が必要であると考えています。それは、必ずしも個人的なものではなく、またニュースという訳でもありません。私達が「アイディア」と呼んでいる類のコンテンツです。

What kind of ideas? Many kinds: A particular viewpoint on the happenings of the day (or of the past), hard-earned knowledge about how to do something better, a story that makes people laugh, smile, or feel something meaningful. If you have thoughts to share that you want to impact or influence people with—beyond just your friends and beyond 140 characters—we want to provide the tools and the place.

アイディアというのは色々あって: ある一日や過去の出来事に対する視点、物事を良くするために苦労して得られた知識、笑い話や有意義なストーリーなど。あなたがだれかに共有したら(友人や140文字という枠を超えて)驚きと影響を与えるような考えをもっているなら、そのためのツールと場所を作りたい。

The beauty of the Internet is it allows anyone to put their thoughts out there and potentially be heard. But breaking through the noise is not easy. Whole public companies have been created to arbitrage attention online with the cheapest content possible. Knowing these kinds of tricks, building up a large following over years, and/or being hooked into the right social network is as important (or more so) than having something great to say and saying it well if you want to impact and influence today. It is our goal that content reaches its right audience on Medium more quickly and efficiently than it would on isolated islands on the web—no matter who it’s from.

インターネットの美点はだれでも考えを発表でき、それが聞き届けられる可能性があるということ。だけど、ノイズを突破するのは簡単じゃないですね。あらゆる企業はオンラインでできる限り安上がりなコンテンツを用いアテンションを鞘取りしようとする。様々な仕掛けを熟知し何年も掛けてフォロワーを拡大したり、的確なソーシャルネットワークにがっちり食いこむことの方が、素晴らしい意見をもっていたり、それを述べることよりも重要になってるよね。ぼくたちの目的は、だれが書いたかは関係なく、インターネットで孤島みたいになってるコンテンツがMedium上ですばやく効率的に届くべき人に届くことです。

That said, we don’t expect everyone—or even the majority of people—who enjoy Medium content to publish on the platform. Not everyone has that inclination. However, for those who do even occasionally feel that need, we believe Medium can be a great outlet. Unlike a blog, Medium gives you context into which to share your ideas—

Mediumを見ている人の全員に書いて欲しいとは思っていません。書くのは少数派かもしれない。だれもが発表したい訳じゃないから。けれども、ちょうど書きたい気分になっている人にはいいですよ。ブログと違って、Mediumでは共有するアイディアにコンテクストを与えられるから……

And, importantly, Medium makes no expectation of ongoing commitment. Medium is not obsessed with the new. Things are not reverse-chronologically sorted by default. And you won’t have to post “Apologies for not posting in a while…” every time you get too busy to post for a couple months.

あと、重要な事として、私達は書き続けるのを求めません。新着にこだわりません。文章はデフォルトで時系列ではなく並べられています。だから二、三ヶ月間が空いて「しばらく放置しててすみません」とか書かなくていいのです。

A couple more notes on not being obsessed with the new. You may notice that collections on Medium are by default sorted by “Recommended.” You may also notice a “Recommend” button at the bottom of each post (if you’re logged in). What we’re doing is ordering things by our best guess of the relative quality/interestingness of the different items—according to the people who have seen them.

新着にこだわらない件についてもう少し述べると、Mediumのコレクションはおすすめ順に並んでいるのに気付くでしょう。どのポストにもおすすめボタンが付いてます(ログインしてたら)。私達がやっているのは、文章を読んだ人にしたがい、相対的な品質と様々な文章の面白さを推測して並び替えることです。(品質と多様性を同時に確保したいみたいなことか?)

How we calculate the ranking is an algorithm that will change over time (kinda like Google’s PageRank but obviously much more simplistic at this point in time). It’s not a direct popularity ranking. It takes in a variety of factors, including whether or not a post seems to actually have been read (not just clicked on) and whether people click the “Recommend” button at the bottom of posts. The ratio of people who view it who read it and who read it and recommend it are important factors, not just the number. (This is an attempt to level of the playing field for those who don’t already have large followings and/or a penchant for writing click-bait headlines.)

ランキングを計算するアルゴリズムは変えていきます。グーグルのページランクみたいな感じですが、現時点ではもっとシンプルです。率直な人気ランキングではないです。クリックされただけじゃなく実際に読まれているか、おすすめボタンが押されているかといった、様々な要素を加味します。見た人、読んだ人、おすすめした人の数だけでなく比率も重要です。(まだフォロワーが沢山いない書き手と、やたらクリックされるタイトルを書きたがる人と、別の土俵に分けてあげようという試みです)

文章を書くツールと良い文章を見つけるアルゴリズムを同時に設計している、というのがいい。あと、TwitterのCEOだったのにTwitterに批判的なのがいい。ぼくが以前、コラム的=ブログ的と呼んだ文章の形式を、<アイディア>と称しているのも面白い。いずれにせよツールを設計する事は、コンテンツを再定義する事でもあるのだろう。

<アイディア>には、例えば、こんな文章がある。

Of course, there *are* a lot of reasons to hate San Francisco — I love you, San Francisco — Medium

他愛がないし、短いけれど、面白い。