Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2015年の気分

ごはんがおいしい

仕事はじめの一週間もごはんがおいしかった。金曜日のお菓子もおいしかった。ガトーショコラとバナナマフィンが選べるようになっていた(バナナマフィンにした)。ランチはパクチーがたくさん載せてある豚肉もあったし、山菜よろしく生命力あふれるなめこの味噌汁もあったし、かき菜の卵炒めもあった。

はてなでは〈美術館通り〉を挟んだ向かいのアパートの一室を借り、まかないランチを調理しているとのこと。一三時頃には、青い台車につまれ、通りを渡りごはんがデリバリーされるとのこと。まかないシェフは二人いて、月水と火木金にそれぞれ料理しているそうです。ぼくはだいたい一番か二番にごはんを食べます。

斜めに掛ける財布をもたない

腰がいたいよー。デスクワークも原因の一つですが、首から斜めに掛けるポーターの旅行財布もよくない。カードキーや新幹線のチケットに便利だからつい使っていたんだけど、やめました。いいかんじの小銭入れを見つけたいったら見つけたい。アナスイやヴィヴィアン・ウエストウッドなどギャルっぽいやつがいい。

ココア味のプロテインがなぜか1キログラムある。賞味期限は6月らしい。腰がいたい人にうってつけなのは筋トレだと聞いた。ならば、豆乳に溶かしたココア味のプロテインを飲みながら腹筋、背筋をパンプしようかな。バナナフラペチーノ味のたんぱく質もあるかな。ロイヒつぼ膏をいくつも貼って寝たらうなされた。

魯肉飯(ルーローハン)

台湾の屋台料理、ルーローハン。甘く煮込んだ豚肉をのせたごはん。このメニューにただよう90年代感。2000年くらい道玄坂あたり知ってる人は知ってる〈ひげちょう〉の魯肉飯。東京から撤退して金沢に二店舗だけあるって。この春、北陸新幹線が金沢まで開通するよね。オンラインでルーだけ買えるね。

魯肉飯にどうして90年代感がただようのか。個人的な思い出と〈ひげちょう〉のロゴがノーウェアっぽいってだけだと思う(笑)。あと、手軽でおいしいのにあんまり見かけないからねー。〈スナックアーバン〉のママという人が、都内一のるーろーはん知ってるって。おもしろそうだけど、ぼくはやめとくよ。

勉強しない

ぼくはもう、勉強しないよ。取材しないよ。だめだよ、おもしろいところへ連れてこうとしても。行かないよ。弱虫でいいもの。お金もったいないしさー。いろいろお金かかるしさー。ギャルっぽいコインケースも買いたいし。お茶でいいもの。ヒーターばっかり求めていたって切りがないでしょ。月の石じゃあるまいし。

勉強しないことにしたら、家にいるようになった。昼寝するようになったし、バーに寄らなくなった。同じ本と映画を繰り返し見るようになった。昔から同じものを繰り返し見るのが好きだった。けれども、ついつい勉強してしまう。正月も橋本治〈失われた近代を求めて〉を読んでしまった。勉強したいけど、しないよ。

気のないボール

編集者の岡本仁さんが語ったところによると、「僕のやり方は常に手癖のようにわりと気のないボールを投げ続けているんだけど、それを誰かが投げ返してくれたときに初めてプロジェクトが始まる(参照」。岡本さんの薫陶を受けた人のはしくれとして、年の暮れあたりから、この言葉があたまにある。気のないボール。

気のないボールというのがいい。気のあるボールよりずっといい。この一週間をふり返ってみると、ぼくは今年のボールを、すっかり投げてしまった。簡単なことだった。メールで、会って話して、あるいはSlackで、Picseeで。一年の計を終えてしまった。少なくとも初夏くらいまでは。投げ返ってくるボールは、きっと素敵だろう。それはもう、わかっているのが、今年の気分。うるおいありえもん。